« 2011年に観たアニメ総括 その1 | トップページ | お知らせ etc. »

2011年12月30日 (金)

2011年に観たアニメ総括 その2

今年観たアニメの総括第二弾!

今回は、2011年4月から6月までの第2クール(2011年春アニメ)です。

※ 感想は、個人の主観なので、そのあたりをご理解の上御覧ください。
※ 2クール物は、終わった期に入れてあります。

では、第2クールに観た作品を列挙してみると…

アスタロッテのおもちゃ!
あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない。
俺たちに翼はない
神のみぞ知るセカイII
GOSIK -ゴシック-
戦場乙女 ~桃色パラドックス~
そふてにっ
TIGER & BUNNY
電波女と青春男
DOG DAYS
日常

以上、11作品でした。

が、戦国乙女は3話、おれつばは4話、そふてにっは1話、そして日常は2話で挫折。
そしてTIGER & BUNNYは、リアルタイムで観られなかったので、現在BDで追っかけている所です。
なので、実質観た作品は6作になります。

・アスタロッテのおもちゃ!Photo

2

原作未読。第一話を観ると、釘キャラを使ったあざとい作品かと思いきや
その実、とってもハートフルな内容の良作でした。

<ストーリー>
明日葉と出会い学校に馴染んだ頃から、この作品の真骨頂。
基本的に、善人しか出てこない良い話のてんこ盛り。
ロッテも明日葉も、本当に良い子です。
個人的に、ミストとエリカさんが好きですw

<配役>
一流所ばかりの、手堅い配役でした。
メルチェ皆口さんは、良いわ~

<音楽>
音楽も、とても良かったです。
サントラの「It's Going to be The Special」が、特に秀逸!
本当に、良いところでかかるんだよね。
オープニングは、まぁ、正直あんまり。
その分、エンディングが良すぎでした。「真夏のフォトグラフ」最高です。

<その他>
ED曲、BD3枚、サントラ、原作コミックを購入。
食わず嫌いせずに観て良かった作品の一つですね。
原作の続きも、早く読みたい!

・あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない。
Photo_2

これまた、話題になったオリジナル作品。
西武線沿線に住んでる身としては、観ないわけにはいかないw

<ストーリー>
めんまの事故以来、疎遠になっていた仲間達が、様々な思いをぶつけながら一つにまとまっていく姿は、素直に感動ものでした。

<配役>
割とフレッシュなメンバーが多め?
でも、みんな良かったです。

<音楽>
エンディングに「secret base 〜君がくれたもの〜」を持ってくるとは…
この曲を使うだけで、感動度3割増しになっちゃうじゃないか!

<その他>
BD3枚購入。
まどマギと一緒で、続きが気になるオリジナルでした。
鳴子の挙動が、いちいち可愛かったw

・神のみぞ知るセカイII
Photo

2

1クール開けての第2期ですから、実質分割2クールでしたね。
2クール目は真のヒロインであるハクア登場!

<ストーリー>
今回は、楠・ちひろ・長瀬先生の攻略。
やや物足りない気がするものの、愛生ちゃんの声を得た長瀬先生が、
想像よりも可愛くて、うれしい誤算でしたw
ハクアは、まあこんなもんかな…
真価を発揮するのは、もうちょっと後だもんね。

<配役>
各キャラの配役はイメージ通りってかイメージ以上の部分も有ったので、
良かったと思う。
なお、ハクアのはやみんは、まじ最高。

<音楽>
オープニングは、第1期に負けず劣らず良い曲でした。
ダブルボーカルになって、曲のスケールが大きくなった感じ。
エンディングは、第1期の方が、やや好きだったかな?

<その他>
OP曲、ED曲、ハクアキャラソン購入。
神知るの一番面白い部分は、現在進行中の女神編(?)なんだよなー
ここを是非アニメ化して欲しいんだけど、そのためには天理、月夜、結の攻略は必須になってくるから、厳しそうだよなぁ…
でも、期待してます!

・GOSIK -ゴシック-

Gosick

Gosick2

冬アニメの2クール作品。
あおちゃん!あおちゃん!

<ストーリー>
最初は、推理物かと思ったんですが、それにしてはちょっと…
って感じだったので、挫折しそうになったんですが、ヴィクトリカの可愛さで継続視聴していたところ、中盤以降は案外楽しめたので良かったです。

<配役>
と、言うわけで、ヴィクトリカのあおちゃんに尽きます。
その他には、コルデリアがみゆきちだったので、沢城みゆき(母)・悠木碧(娘)って配役になんかぐっときた。

<音楽>
最初は、特に興味無かったオープニングだったんだけど、ジワジワ気に入ってきました。
エンディングは、作品のイメージに良く合ってました。

<その他>
OP曲購入。
とにかく、ヴィクトリカですw

・電波女と青春男
Photo_2

2_2

原作を知らなかったので、観る前は全く期待していなかった作品。
まさか40歳に萌える事になるとは…w

<ストーリー>
クセの有る文章の作家さんの原作なので、アニメに再編するのは難しかったのではないかと思うのですが、上手くまとまっていたと思います。

<配役>
みんな良い感じでした。
社は上手い事キャストしたなぁと関心しますね。
あと、リュウシさんの「やっちゅーに」は、中毒性が有るよねw
女々さんも、うざ可愛い。

<音楽>
オープニング「Os-宇宙人」の、ぶっ飛び具合に度肝を抜かれました。
映像もシャフトらしく、独特の世界観を出せていましたね。
エンディングは、とにかくエリオ可愛い!と言う一言に尽きるかと。

<その他>
OP曲、ED曲、BD、原作小説を購入。
ブリキ絵を見事に再現してくれて、映像を眺めているだけでも満足出来るレベルかと。
もう1クールやって欲しい気もしますが、内容をアニメに最適化するのは難しそうだから、無理かな?
でも、シャフトならやれる!

・DOG DAYS
Dogdays

Dogdays2

現代に蘇った、風雲たけし城!

<ストーリー>
ほんわかバトルアニメ?
ゆるーく始まって、ちょっとシリアスっぽくなって、ゆるく終わった作品。
ご都合主義で終わっても、この作品なら許せる、そんな気分にさせられます。
不満が有るとしたら、キャラを沢山出した割に、それぞれの掘り下げが殆ど無かった事でしょうかねぇ。
2期では、是非エクレの活躍をもっともっと!

<音楽>
オープニング、水樹奈々。
エンディング、堀江由衣と言う凄まじい布陣。
個人的には、エンディングの「PRESENTER」が大好きでした。
ほっちゃんの曲の中でも1~2を争う位好きな曲。

<その他>
OP曲、ED曲購入。
2期になっても、このゆるーい感じは無くさないでもらいたいです。
中途半端なシリアスは無しでお願いします。

と、言うわけで2011年春アニメの感想でした。
こうやって、過去の作品を振り返ると、随分昔の事のように感じます…

次は2011年第3クールである夏アニメの感想になります。
年内中に全クール上げられるのか、怪しくなってきましたが、年越しても
完走はさせます…

と、思ったけど無理でした、さすがに一年経ったらねぇ…(2012/12/31 追記)

でわでわ~

        

        

|

« 2011年に観たアニメ総括 その1 | トップページ | お知らせ etc. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145808/53582810

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年に観たアニメ総括 その2:

« 2011年に観たアニメ総括 その1 | トップページ | お知らせ etc. »