« アマガミ | トップページ | DVD ひだまりスケッチ365 7巻 »

2009年3月22日 (日)

アマガミ(会話編)

さてさて、本日はPS2ソフト「アマガミ」の会話モードについて
触れてみましょう!

ふかふかは、あまり人気無いみたいですね…
でも、それで良いさ。
独り占め出来るからw

さてさて「アマガミ」では、行動と会話の操作系が、前作と打って変わったので
戸惑い気味ではないでしょうか?

最初は、なんだか取っつきにくい印象ですが、慣れると結構楽ですので、是非
コツを覚えて、ゲームで悶え苦しんでください(笑)

と言うわけで、会話パートのおさらいをしてみましょう!
(これ以降、ふかふか(中多紗江)のイベントが多少出てきますので、ネタバレ
の類が気になる方はご注意ください)

1.

何はともあれ、まずは行動マップの会話アイコンを出しましょう。
会話アイコンは、イベントをこなすと、それに付随して湧いてきます。

2.

会話を選択すると、この画面に展開します。
ここでは、画面右上の部分に注目です。
「Turn 1 2 3 4 5 MID」と表示されているこれが、現在のターン表示とテンション
表示です。
一度の会話モードで、5回の会話をすることが出来ます。(短くなることもある)
テンションは、Hi Mid Lowの三段階なのですが、最終的にアタックを仕掛けるま
では、それ程気にしなくて良いと思います。

続いて、ターン・テンション表示の下を見てみましょう。
ここには、相手と会話が成立する話題が用意されています。
この画像だと、水色枠・青枠・黄枠・紫枠となっています。
これは、それぞれどの会話がマッチするかを示しているのです。
水色なら「世間話」、青色なら「勉強」、黄色なら「娯楽」、紫色なら「おしゃれ」
と、いった様にです。
さらに、枠の上下に三角がついていますが、これはヒットするとテンションが
上がるのか、下がるのかを示しています。

この画像には出ていませんが、枠の中に?マークが入っていることがあります。
つか、序盤はほとんど、枠の色が無い?です。
これは、文字通り、どんな話題がヒットするか全く分かっていない状態なので
探り探り話題を選んでいく必要があります。
なお、この画像で、画面下の話題に×印が付いているものがありますが、これは
前回選択したけれども、ヒットしなかった話題に×印が付くのです。

話題の並びは、必ず世間話→アタックの順番に並ぶので、例えば「勉強」と「娯楽」
に「?」が挟まれている時は「運動」がヒットする事になります。
(※同じ話題が二つ並ぶ事もありますが、その場合は一つ目をヒットさせると
色の付いてない?枠に色が付くので分かるはずです)

この話題の枠は、現在の相手との状態(デアイやアコガレ)とテンションとターン
によって固定のものとなっています。
ランダム要素は有りません。
ですので、この画面でL1ボタンを押すと

この様に、ターンマップが表示されます。
いままでに選んできたヒットする話題が記録される様になっていますので
これを有効活用すると良いと思います。
後々、アタックを仕掛けるためにHiテンションの話題を埋めるためにも、この
ターンマップを良くみて、テンションの上げ下げを狙わなくてはならなくなる
ので、これの存在をお忘れ無きよう。

3.

では、実際に会話を投げかけてみましょう。
一番左の枠が、黄緑色の枠なので「運動」がヒットする筈です。

「運動」を選択すると…

ヒットしました!

すると

運動にちなんだ会話が繰り広げられるのです。

ちなみに、我らが橘さんは、変態の人なので妙な会話が繰り広げられる事が
多いですw

会話に成功すると、画面左上にある好感度ゲージに「ハート」か「音符」マーク
が貯まります。
「ハート」と「音符」の違いは、テンションが上がるかどうかの違いだけなので
音符が多いから、トモダチルートに行ってしまう、なんて事にはなりませんので
ご安心下さい。

基本的には上記のように、話題の枠に何が入るか推理しながら、ターンマップを
埋めていくのが会話モードの作業となっております。
(橘さんの超絶トークを楽しみながらw)

これを繰り返していると、話題枠が全て埋まることになりますが、話題枠が
全て埋まると…

こんな感じで、オートで話が進み、テンションを維持したまま次のターンへ
向うことが出来ます。

会話モードでの、我らの目的は、Hiテンションの1~4ターン全ての話題を
埋め尽くす事になるでしょう。
そうすると、関係レベル終盤でアタックをかける際、なにもしなくても
アタック出来るようになるので楽ちんです。
そのためにも、早い段階でテンションの下がる話題をつぶしたりする必要が
ありますので、ターンマップを良く見ながら頑張りましょう。

では、続いて、何度か触れた「アタック」についてです。
4.

画面左上にご注目。
各種イベントで、好感度ゲージを、各キャラクターのイメージアイコンまで
延ばし、「ハート」か「音符」の好感度を収納すると、Hiテンションの5ターン
目にいよいよアタックをすることが出来るようになるのです。
(キャラによって、ここ以外でアタック出来るところもあるみたいです)

日中にアタックすると…

我らが変態リーダー橘さんが、人目も気にせず、ふかふかの匂いをかぎ始めますw
ちなみに、ふかふかのアタックは他に、ほっぺたにキスをしたり、胸の感触を
楽しむ為に、肩を揉んでもらうなど、実に変態紳士ですw

と、ちょっと話がそれましたが、アタックを放課後の時間帯に仕掛けると

下校イベントに突入です。
ここでも、ふかふかに対して羞恥プレイや放置プレイをする変態な橘さんに
感動がとまりませんw
(そんなに凄いことでは無いですよ?念のため…)

とまれ、イベントをこなしつつ、会話をこなして☆アイコンをゲットして
女の子との中を深めていって下さい。

一見、取っつきにくい印象ですが、慣れるとかなり楽ですので、頑張って
慣れてみて下さい!

では、最後に橘さんの伝説を少々ご覧頂いてお別れですw

こんな変態主人公見たこと無いヨ!(褒め言葉です)

でも、こんな橘さんをスキになる、ふかふかちゃんも…

誕生日プレゼントに、自分が大胆な水着やチャイナドレスなどを着た、セルフ
写真集をプレゼントしちゃうようなアレな娘なので、どっこいどっこいなん
でしょうかね?w
ああ、でも私はそんなふかふかが大好きですw

それでは、みなさんも頑張って好みの娘を攻略してくださいね!

でわでわ~

             

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« アマガミ | トップページ | DVD ひだまりスケッチ365 7巻 »

コメント

このブログを読んで「ダメだこいつら、早くなんとかしないと…」の意味がよく分かったよw
ゲームのシステム的には、キミキス以来久々だったので、やっぱり最初はやり難かったね…。
でも、進んでいくうちに慣れてきたので、今はさくさく進めますわ。

森島先輩をクリアしたので、次は森島先輩のなかよしルートを進みながら、その他キャラの高感度を上げて「ソエン」を防いでみるgood

投稿: ムネ | 2009年3月23日 (月) 22時55分

慣れると、案外楽なシステムだと思うね~

是非、八方美人で涙イベントを発生させてね!
わたしゃ、一途なので見られそうも無いからw
(現在、ふかふかのナカヨシルート驀進中)

投稿: しのむ | 2009年3月24日 (火) 02時01分

え?誰が一途だって!?( ゚д゚)ポカーン
だって、ソエンって悲しいじゃん…。(´;ω;`)ウウ・・・

投稿: ムネ | 2009年3月24日 (火) 18時55分

ふかふか一択だもの~

ソエンイベントは、かなーりヘビーみたいよ?

投稿: しのむ | 2009年3月24日 (火) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145808/44434881

この記事へのトラックバック一覧です: アマガミ(会話編):

« アマガミ | トップページ | DVD ひだまりスケッチ365 7巻 »